DRIPPINドリッピンの意味?インスタ?アルバムと歌詞 ペンライトは?

ドリッピンDRIPPIN

*******
この記事では、DRIPPINの活躍に焦点を当てて、
ドリッピンの意味?
アルバムと歌詞、
インスタ等SNSはあるの?
ペンライトやグッズは?
ペンカフェは?、
事務所はどこ?
カムバの予定は?
……等々について、熱く語らせていただきます。
*******

DRIPPIN(ドリッピン/드리핀)は、韓国の7人組男性アイドルグループです。

デビュー前は、「Woollim Rookie」や「W Project 4」として知られていました。

メンバーは、
イ・ヒョプ(이협/李協/Lee Hyeop)くん、
ファン・ユンソン(황윤성/黃允省/Hwang Yun-Seong)くん、
チュ・チャンウク(주창욱/周昌煜/Joo Chang-Uk)くん、
キム・ドンユン(김동윤/金東玧/Kim Dong-Yun)くん、
キム・ミンソ(김민서/金敏緒/Kim Min-Seo)くん、
チャ・ジュノ(차준호/車俊昊/Cha Jun-Ho)くん、
アレックス(알렉스/Alexander Vincent Ha-Young Schmidt Lee/이하영/イ・ハヨン)くんの7人。

2020年10月28日に1stミニアルバム「Boyage」をリリースしてデビューしました。

メンバー7人のうちアレックスくんを除く6人が、あの社会現象にまでなった「PRODUCE X 101(プエク/プデュX)」ということで、デビュー前から大注目されていたんです。

そして、デビュー後も、
2021年3月16日に2ndミニアルバム「A Better Tomorrow」をリリース、
同年6月29日、1stシングル「Free Pass」をリリース、と積極的な活動を続けてファンを増やしています。

私としては、そろそろ次のカムバックがあるのではないかと期待しているところなんです。

そこで今回は、DRIPPINの活躍に焦点を当てて、ドリッピンの意味?アルバムと歌詞、インスタ等SNSはあるの? ペンライトやグッズは?ペンカフェは?、事務所はどこ?カムバの予定は?……等々について、熱く語らせていただきます。

DRIPPINメンバーの人気順プロフィールとファンネームについては、こちらをご覧くださいね。

DRIPPIN/ドリッピンのファンネームは?メンバー人気順とプエク順位
******* この記事では、韓国のアイドルグループDRIPPINの ファンネーム、 メンバープロフィール、 「PRODUCE X 101(プデュX/プエク)」の最終順位について、 熱く語らせていただきます。 ******* ...



DRIPPINの意味・読み方は?

DRIPPINの表記と読み方は以下のとおりです。

ハングル: 드리핀
日本語読み:ドリッピン
英語表記:DRIPPIN

ハングルをそのまま読むと「ドゥリピン」になりますが、実際には韓国でも日本語と同じ「ドリッピン」と読むようです。

Woollimエンターテインメントによると、DRIPPINは、「かっこいい」、「クールだ」という意味の造語。

爽やかなルックスと完璧なパフォーマンスで、音楽からファッション、トレンドをリードする「かっこよくクールなグループ」が、歌謡界の新たな歴史を担うという抱負が込められているそうですよ。

INFINITE(インフィニット/인피니트)、Golden Child(ゴールデン・チャイルド/골든 차일드)につづく、Woollimエンターテイメントで3番めのボーイズグループです。

 



ドリッピン(韓国)のアルバムと歌詞 デビュー曲・新曲は?

DRIPPINは2つのミニアルバムと1つのシングルアルバムを出しています。

デビュー曲は、1stミニアルバム「Boyager」。

タイトル曲は、「Nostalgia」です。

1stミニアルバム「Boyager」 (2020年10月28日)
1.「Boyager」 – 1:15
2.「Nostalgia」 – 3:08
3.「Overdrive」 – 3:08
4.「Shine」 – 3:02
5.「Colors (물들여)」 – 3:33
6.「Light (빛)」 – 3:58

タイトル曲の歌詞は、デビューしたてのフレッシュさを持って懐かしい記憶の中の時間旅行にいざなう「Nostalgia」。

このアルバムは、発売と同時に全曲が(!)韓国のリアルタイム音源チャートで表示されたり、海外でも上位になったりしたので、「次世代K-POP代表ランナー」の登場とまで言われましたね。

白と黒の衣装の対比も印象的なので、ミュージックビデオもオススメしますよ。

4番めの「Shine」は、タイトル曲「Nostalgia」のプロローグです。

「Shine」のミュージックビデオでは、木を植えるシーンがあるのですが、「Nostargia」ではその木が大きく成長して登場します。

そして、その木にアレックスくんが文字を刻むのです。

このストーリーのある展開、魅力的ですよね。

2ndミニアルバムのタイトル曲は「Young Blood」。

2ndミニアルバム「A Better Tomorrow」 (2021年3月16日)
1.「A Better Tomorrow」 – 1:17
2.「Young Blood」 – 3:14
3.「Reach Out Your Hands (손을 뻗어봐)」 – 3:24
4.「Without U」 – 3:04
5.「Firefly」 – 3:42
6.「Fate」 – 3:32

このアルバムは、ヒットプロデュースチームの「MonoTree/모노트리」ぼ手掛けた作品らしいですよ。

タイトル曲の「Young Blood」は、暖かい日差しの中に芽生える新芽のように、よりよく成長したいという意志と希望を込めた青春の曲ですね。

 

この記事を書いている時点での新曲は、2021年6月29日リリースの1stシングル「Free Pass」です。

1stシングル「Free Pass」 (2021年6月29日)
1.「Free Pass」 – 3:11
2.「Stay」 – 3:33
3.「Wish (너의 소원 안에 내가 있었으면 해)」 – 3:05

 

DRIPPIN インスタ等SNSはあるの?

Twitter(オフィシャルとメンバーのもの)、Instagram、Weibo、Youtube、V-LIVE、TikTokのアカウントがあります。

ぜひのぞいてみてくださいね。

ドリピン ペンライト・グッズはいかに?

探しに探したのですが、ペンライトも”公式”グッズも見つけることができませんでした。

まだ出されていないのかも知れませんね。

「出された」情報をつかみしだい、ここに掲載したいと思いますので、待っていてくださいね。

DRIPPIN ペンカフェはあるの?

DaumCafeを探しに探したのですが、見つけられませんでした。

まだないのかも知れません。

こちらも見つけしだい、ここに掲載しますね。

 



ドリッピン 事務所はWoollimエンターテイメント

事務所はWoollim(ウリム)エンターテインメント。

INFINITE(インフィニット/인피니트)、
LOVELYZ(ラブリーズ/러블리즈)、
Golden Child(ゴールデン・チャイルド/골든 차일드)、
IZ*ONE(アイズワン/아이즈원)出身のクォン・ウンビ(권은비/權恩妃/Kwon Eun Bi)さん、
Rocket Punch(ロケットパンチ/로켓펀치)などが所属しています。

クォン・ウンビ(권은비/權恩妃/Kwon Eun Bi)さんと同じくIZ*ONE出身のキム・チェウォン(김채원/金采源/Kim ChaeWon)さんもここに所属していました。

「……していました」って書いたのは、まだ「噂」の段階ながら、Woollimエンターテイメントとの契約を解除する可能性が高いと思われているからです。

2021年のWoollimエンターテイメントの秋夕(チュソク)の挨拶にも登場しませんでした。

そして、ナント!あのHYBE傘下のSource Musicに移籍して、あの宮脇咲良さんと新らしいガールズグループでデビューするのではないかと言われています。

今のところはまだ正式発表はありませんが、同じサバイバルオーディション番組「PRODUCE48」に出演し、最終順位26位だったホ・ユンジン(허윤진)さんも、同グループに合流と見られています。

これについては、ちゃんとわかりしだい、こちらの記事で詳述しようと思っています。

キムチェウォンIZONEアイズワン 母親は美人女優?実家はお金持ち?性格変わった?
キム・チェウォン(김채원/金采源/Kim ChaeWon)さんは、日韓合同女性アイドルグループ・IZ*ONE(アイズワン/아이즈원)出身のアイドルです。 APRIL(エイプリル/에이프릴)にもキム・チェウォン(김채원/金採媛/Kim ...

DRIPPIN カムバックの予定は?

DRIPPINは、2020年10月28日にデビューして以来、2021年3月16日、同年6月29日と高速カムバックをしています。

私としては、この調子で行ったら、2021年10月頃にはカムバックがあるのではないかと見込んでいるのですが、どうでしょう???

 

DRIPPINのドリッピンの意味と読み方?、アルバムと歌詞、インスタ等SNSはあるの? 、ペンライトやグッズは? ペンカフェは?、事務所はどこ?、カムバの予定は?等について語らせていただきました。

読んでくださってありがとうございました。

これからもきっとDRIPPINは、飛躍を続けてくれるものと信じています。

私もずっと応援していきたいと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました